VOICE YOUR DREAM

Miho Noguchi Official Blog

英語・フランス語バイリンガル司会専門BilingualMC.jpの野口美穂です。

英語とフランス語を話すバイリンガルMC、レセプション通訳、ナレーター、英語通訳ガイド。国際結婚の披露宴司会、企業イベントの通訳司会、ナレーション制作など、語学系のコミュニケーションのことならお任せ下さい!HPもありますのでご覧の上お気軽にお問い合わせ下さい。

フェアトレード

久しぶりのフェアトレードネタです。

大垣の友だちに誘われて、昨日JICA中部で開催された
フェアトレードカレッジ2009の一回目、
フェアトレード入門 〜フェアトレードって何だろう?〜
に参加してきました。

会場のJICA中部は、オサレな建物。
名古屋駅エリアの笹島にあります。目の前はZEPPナゴヤ。
(学生の時、ここにキルメス名古屋っていう期間限定の
遊園地があって、そこでバイトしてたから懐かしい)

この中に、なごや地球ひろばという、一般市民向けの
国際協力体感ゾーンがあります。

P1030545


中もキレイなのに、名駅から遠いのがもったいない。。。
カフェもあり。

P1030541


フェアトレードショップもあり。

P1030540


このショップ『フェアビーンズ』なごや地球ひろば店のスタッフの方も、
今回のフェアトレードカレッジの運営に携わっていらっしゃるようでした。

P1030544


会場は2階のセミナールーム。皆さん関心が高いんですね。

P1030534


講師は、ナント不破郡垂井町在住の方!
NPO法人AMネット理事の神田浩史さんです。
予めいただいたレジュメには立派な経歴が並んでいるのに
ご本人はとても自然体な方でした。
また私の住む揖斐エリアの西濃地域エコライフ推進プロジェクト実行委員長もされていて
いろいろな偶然に驚きました。

講演内容はフェアトレードを学ぶ以前に、世界の現状を知ることも
必要ということで、以下のようなテーマを中心にお話して下さいました。

世界の飢餓人口の増加
2008年には8億4千万人と言われていたのが、現在はその数
10億人以上。3秒に一人が死んでいる計算です。
本当に、目がくらむ数字ですがそれが現実。

人口問題
世界で毎年1億人ずつ人口が増えている。
仕事を求める人たちが、都市部に集中してしまう。

水問題
世界で清潔な水にアクセスできない人口が12億人いて、
これは5人に一人の計算(!)
水ストレス指標といわれる、水不足エリアを示す数値が
高いのはアメリカ西部、中国北部、パキスタンなど。
(インドとインダス川流域の領有権を争って核武装までするのには、
この問題も深く関わっているそうです)
水ストレス人口は、2050年までに今の2倍と予想

他にも、低開発国途上国の衛生問題に起因する平均寿命の低さ
(特に新生児、妊産婦の死亡率はものすごく高い)など。

世界一周中に私たちが行ったところは、観光地が多かったので
本当にすさまじい現実を見る機会はありませんでしたが、
それでも、うん、ボリビアとか、ケニアとか、えっ??って
目を疑うような環境で暮らしている人を沢山目にしました。
一方で、ヨーロッパではアイルランドのダブリンを代表格に
フェアトレード商品が市場に出回っていたりしました。
本当にフェアトレードで、この先進国との大きな貧富の歪みが
解決できるのか、そのあたりももっと勉強する必要があるなぁ。

そして、会場にはモデルでタレントの原田さとみさんも。
原田さんといえば!中京テレビ『ラジごめII金曜日の王様』
嘉門達夫氏にいじくりまわされていた、あの原田さんですよっ!
私の深夜番組好きはあの頃ピークでした。年がバレるわ〜

P1030539

(中央のお二人が神田さんと原田さん。左は友人ウッシー)

原田さんは現在、大ナゴヤ大学副学長やをはじめ
エシカル(倫理的)ファッションのセレクトショップ
「ペネロープ・エシカル・ペティヨン」主宰、JICA中部サポーター、 
コップなごや“水”寄金主宰などなど…
と、もんのすごくパワフルに活動されてます。
そのエネルギーはどこから??とってもステキな方でした。

エシカルファッションというと、反毛皮でしょうか?
I hope so!

フェアトレードカレッジ2009は全5回で、
次回は12月5日に、そのエシカルファッションショーが
開催されます。私も行きたいなぁ〜。
詳細を知りたい方は、JICAのHPまでどうぞ↓

JICA中部地球ひろばHP

o0543076810301445891


o0543076810301445896

先週、美濃加茂市の太田小学校の6年生を対象に
世界一周の体験談を話す機会がありました。
去年に引き続き2回目です。

一応それっぽく、
私はペルーで買ったアルパカセーターと帽子を着用(あんた誰?
相方はフツーでしたが、エジプトのジュラビア辺りを
着ていくべきでした(笑

P1210064

子どもたちは、普段の授業でも外国について勉強しているようで
私たちが撮ってきた写真に大興奮!
やっぱりマサイ族やケニアの動物の写真は大ウケでした。

そして世界で出会った子供たちのこと、
フェアトレードのことも話しました。

ちょうど岐阜市のスーパーヤマナカで
いつもフェアトレードバナナが売っているので持参。
コロンビア産だそうです。お値段は290円と通常の2倍。
何故こんなに値段が高いのかな?との質問に
みんなしばし考え込む。。。

P1210091

今も地球のどこかで、学校に行きたくても働かなければ
生きていけない子たちが沢山いるんだ、
そしてフェアトレードという仕組みは、働く人たちがきちんと
お金をもらって、生活や教育を受けることができる農園を
応援しているんだよ、と話すと
みんな真剣な眼差しで聞いてくれました。
フェアトレード商品を見つけたら、貧困をなくすチャンスだね、と。

ちなみにFT商品にはバナナの他に、チョコレート、
コーヒー豆をよく見かけます。チョコレートはカカオの収穫に、
体が小さくて高い木をよじ登ることができる子どもたちの
労働力が欠かせないので、大変問題のある商品といえます。

↑これについては、最近お友だちになったまえちゃんの
ブログをご覧下さい。おーぷん・はーと カカオの旅


今回の講演会を手配してくれた6年担任教師のオザキング。
私とは中・高の同級生です。
(ほんとに先生やってんのかいな、と未だに謎?)

P12100802

そして去年に引き続き、
岐阜新聞中濃版の記事に載せてもらいました。
いくら夫の元職場とはいえ、いつもすみません(^^;

P1210096

太田小のみんなが大人になる頃には
世界は今よりももっと狭くなっているんだろうな〜

  現在地: ダブリン  Camden Delux Hotel泊
**********************************************************

なんつー天気だ!今日は雪まで降っちゃいました。
そんなダブリン、昨日ゴールウェイからバスで移動してきて、今日は2日目です。
さすがは首都、それにSt.パトリックデイの翌日のバンクホリデーだけあって、
昼間っからビール飲んでる人がいっぱいいます。あと学生も多いなー。

さて、アイルランドではフェアトレードのお店やマークが目立ちます。
初めて見つけたのはゴールウェイの街を歩いていた時です。
Oxfamというショップで、店内にはコーヒー豆やチョコレートといった食べ物、
それから手作りのアクセサリーやせっけん、食器などが並んでいます。

フェアトレードショップ店内

 






   かわいらしい店内



日本でフェアトレードというと、申し訳ないですが、
デザインやクオリティーはそれなりかな・・・というイメージが強いんですよねー。
ここはフェアトレード商品であることを忘れてしまうくらい普通の雑貨屋さん。
しかもかわいい。
どれを手にとっても、生産者に正当な報酬が行き渡るんだと嬉しくなります。

フェアトレード商品には2種類あって、FAIRTRADEとひとつの単語になっている
ロゴは食べ物や衣類(コットンを含む)に、そしてFAIR TRADEと分かれたロゴは、
それ以外の商品に付けられるんだそうです。もちろん任意団体の審査あり。

フェアトレードチョコ

このOxfamのショップは、マネージャー以外全員ボランティアによって
経営されているんですって!教会ベースなのかな?と思ったんですが、
聞いてもよく分からず。Oxfam自体は世界中にあるそうですが(ほっとけない
ホワイトバンドキャンペーンの仕掛け人もこの団体)、独自のショップを
本格的に展開しているのはアイルランドだけだそうです。
買い付けもダブリンのスタッフが直接現地へ行っているんだそう。

Oxfamゴールウェイのスタッフ
(スタッフのみなさん)

うーん、今まで見てきた国の多くではフェアトレードなんてへったくれもないのが
現実だったから、このギャップはすごいな・・・。豊かだからこそ生まれる意識か。

でもここのコーヒー豆は、child laborによって生産されたものではないのね!(嬉
ちなみにゴールウェイのOxfamの斜め向かいには、人権保護団体Amnestyが
経営するフェアトレードショップもありました。

これはちょっとどうなの(汗
(仏様をショーウィンドウに置くのは、バチあたりのような気がするのは日本人だから?)

そしてダブリンに着くと、町中にFAIRTRADEのロゴの入った旗が。
国を挙げて推進しているそうで、ダブリンは世界初のフェアトレードキャピタルに
なるべく、市内のスーパー、飲食店で一定量のフェアトレード商品を扱うよう
大々的にキャンペーンを行っています。

ダブリン市フェアトレードイニシアチブ(英)

またOxfamも市内に2箇所見つけました。
その中のひとつは雑貨屋ではなく、売られているのは服や靴がメイン。
色もラックごとに統一されているので、現地で作った服?かなと思ったら、
よーく見るとブランドがバラバラ。
何と寄付で集まった衣類や靴、CD、本
がそのまま売られているんです!
そして買う人がまたいるんですよ、すごいでしょ?
自分たちのアクションが、遠くの誰かのためになる、
そんな考えがフツーに浸透してるんですから脱帽です。
しかし、一等地のショップで、テナント代だけでも高いだろうに。

他にもオーガニックショップはもちろん、
スーパーではフェアトレードのドライフルーツがあったり、
カフェの表に「フェアトレードのコーヒー豆使用」といったシールが貼ってあったりします。

そういえば、U2のボノは熱心な貧困撲滅運動支持者だし、
奥さんもフェアトレードのファッションラインを展開中ということで、
ダブリンのこの動きに大きな影響力を持っていそうですね。

一人の力が世界を変える、だとしたら、選択肢を増やしてくれれば、
私たちでもできることが沢山ありそうl
と、フェアトレードのシリアルバーを相方と一緒に買ってみたのでした。(おいしい)

テンプルバーにて
(アイルランド出身の有名人。左上が若かりし頃のU2です)

↓こちらもよろしくお願いします♪
☆ここちよい旅〜ぎふ発夫婦世界一周〜HP http://www.geocities.jp/cocotabi_cafe
★日々の日記はこちら→ここたびブログ http://blog.livedoor.jp/cocotabi
☆旅ごはん・たび宿ブログ http://blog.livedoor.jp/tabigohan
★晃一郎の世界の新聞読み比べブログ http://blog.livedoor.jp/worldnewspaper

↑このページのトップヘ